水道に関するトラブルでもっとも多い内容とは

請求を見て唖然呆然とすることが多い

地域によって、毎月水道料金の利用量と代金を示した明細を自宅のポストに入れていってくれるところもあれば、2か月に一度、まとめて調べて請求することもあります。いずれにしても、よほどたくさんの水を使ったという認識がなければ、毎月、あるいは毎回の料金はほぼ一定というお宅が多いでしょう。そんな毎月、毎回、ほとんど変わりがないはずなのに、ある日突然、ポストに入れられた料金明細票を見て愕然とする内容が記載されていることがあります。これまでとはまったく違う高額の料金内容になっていることにより、初めて何らかのトラブルが起こっていると気づくケースです。このトラブル内容の多くは、ほとんどの場合、家の中のどこかで水漏れが発生していると考えられます。

じわじわと上がっていくと気づきにくい

水道管に開いたほんの小さな穴からじわじわと水が漏れだした場合、先月、あるいは前回の請求よりは少し多くなっている程度から変化が始まりますので、気づかない場合があります。前よりは請求額が増えたけれど、洗濯を多くしたのか、それとも家族の誰かがいつもより多く水を使っていたのかといった具合に考えてしまうことがほとんどだからです。ただ、初めは小さかった穴も、常にそこに水が当たることで徐々に広がっていきます。穴が大きくなることで漏れ出る水の量も増えますので、その後、だいたい2~3度検針して料金がかなり上がってくると、メーターを検針している人が声を掛けてくれます。その場合は家中の水を止め、何も使っていない状態でメーターを確認し、その際にメーターが回っていれば、どこかで水漏れが起こっていると断定できます。

古い家でもっとも多い理由は素材の経年劣化

今は半永久的に持つとされる塩ビによって水道管が設置されますので、継ぎ目から漏れる以外、管に穴が開いて水漏れが起こるということはまずありません。ですが、古い家では鉄が使われていることがほとんどのため、経年劣化による損傷から水漏れが発生します。鉄製の管に穴が開き、穴がどんどん大きくなって水漏れ被害が拡大してしまうトラブルが多くを占めています。厄介なのは、家のどこで水漏れを起こしているかが特定しにくいことです。まずは水回りの音を聞いて異常音のするところを探していきますが、見つからない場合には床下などに埋め込まれたところから漏れている可能性が高くなり、場所の特定が非常に困難になります。とはいえ水道屋さんに頼めば相手はプロですので、何とかしてくれるでしょう。